ピロリ菌で胃痛もおこる

VS ピロリ菌

ピロリ菌がいることによって、胃に不調を感じることがあります。
というのもピロリ菌がいることによって胃に不具合を感じることが多いのです。
胃潰瘍や、胃炎、胃がんなどになるケースもあるので、胃痛があったり、胃の調子が悪い場合は、まずは医者に相談することが必要です。
はじめは胃薬を処方されて様子をみても、ずっと不調が続く場合は胃カメラをやったりするケースがあります。
そこで組織をとって検査をしてピロリ菌がいるかどうかがはっきりします。
その検査でピロリ菌がいるということになったら、除菌をすることになります。
昔は保険がきかなかったので除菌をするにも効果な費用が必要でしたが、いまは保険適用の治療が受けられるので、安価で治療ができるのです。
治療は医師の指示のもとに処方された薬を1週間程度飲むだけです。
簡単なことですが薬を飲むのを忘れては効果がなくなるので、それだけを気を付けるようにすればいいのです。
きちんと飲めばほとんどの場合は、除菌が成功するといわれています。

ピロリ菌に感染している疑いがある症状

ピロリ菌に感染すると発症する症状には、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などがあります。
胃がんになる場合もあり、ピロリ菌に感染すると胃の病気を発症することになります。
しかし、ピロリ菌に感染した人の全てが、このような症状が出るわけではなく、これといった自覚症状がない人がほとんどです。
50歳以上の日本人の約80パーセントが菌に感染していると言われており、菌に感染しているかどうかは検査を受けると判明します。
嘔吐や胃痛の症状がずっと続いている人は、ピロリ菌に感染している疑いがありますので、医療機関を受診して、検査を受けることが必要になります。
菌に感染しているかを調べるためには検査を受けるしかないので、必ず検査を受けるようにします。
検査の結果、菌に感染していた場合には、除菌治療法を受けることによって、菌を除菌することができます。
検査の結果、菌に感染していなかった場合には、除菌治療法ではなく、通常の慢性胃炎や胃潰瘍の治療を受けることになります。