ピロリ菌の症状とそれが原因で引き起こす病気は何?

ピロリ菌の症状とそれが原因で引き起こす病気は何?

ピロリ菌の主な症状は慢性胃炎です。この胃炎は胃酸が多い状態が長く続くことで胃壁が収縮してしまっていることが多いので回復するまでに時間がかかります。
ピロリ菌は慢性胃炎を引き起こす他にも胃がんを発生させるリスクがあります。
ピロリ菌が胃がんを引き起こすと激しい腹痛などの症状が出るので、早めに病院で治療を受ける必要があります。
治療が遅れると抗癌剤による治療でも効果が出ないこともあるので、転移をしないうちに治療を始めます。
ピロリ菌は不衛生な環境を好む細菌なので井戸水や土などに生息しています。この細菌がなんらかの理由で口の中から侵入することで感染を引き起こしてしまいます。
予防をするためには、衛生状態の悪い地域の水を飲まないことや、土の付いた野菜を食べないことが大切です。
しかし両親が感染していると一緒に保菌者になっている可能性が高いので、早めに検査を受ける必要があります。
治療は1週間で完了するので仕事などに支障をきたすことはありません。

ピロリ菌の原因・症状・病気

ピロリ菌は、胃の粘膜に棲息する細菌です。このピロリ菌は、慢性胃炎や胃潰瘍の原因菌と言われています。
この菌に感染すると、胃の粘液が減少し、毒素により胃壁に傷がついたりします。
また、この菌に感染している人は、感染していない人に比べて、胃がんになる確率が20倍以上も高いと言われています。
胃の不快感に悩んでいる人は、ピロリ菌が原因かもしれませんので、一度検査をしてみたほうが良いかもしれません。
ピロリ菌の感染経路は、口から入る場合が多いです。発展途上国などでは、上下水道の整備が不充分なために、水から感染することが多々あるそうです。
また、感染している大人からの口移しなどにより、子どもの頃に感染する場合も多く、大抵の場合は一度感染すると、除菌しない限りは胃の中から自然にいなくなることはありません。
病院へ行くと、菌がいるかどうか調べる検査を受けることができます。
そして、菌がいた場合には、除菌してもらう必要があります。